Top
葺き替え相場
の根拠
お助け隊が
選ばれる訳
相談・質問
工事依頼
このサイト
の責任会社
サイトマップ

工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事


風災条項で屋根修理ができる

   火災保険は、家が火事にあったときに、その被害に対して補償をしてくれる保険ですが、意外と知られていないのが、屋根修理での風災、雹災、雪災による被害の補償条項です。
このサイトは、この屋根修理を風災、雹災、雪災での保険で直すいろいろな解説をしていきます。
 

風災、雹災、雪災、水災、盗難、水漏れ

 

屋根修理が可能な風災条項

   加入時に保険の代理店から火災保険のいろいろな説明を受け納得して入った保険ですが、加入してからは、一度も契約書を見直す、ましてや約款をみる人は殆どいないと思います。
ましてや、火災保険で屋根修理などと思いつかないと思います。損害保険のひとつである火災保険では、火事の他につぎの補償があります。
  1: 風、強風による被害に対する補償 ・ ・ ・ 風災と言う
2: 水の被害に対する補償       ・ ・ ・ 水災と言う
3: 盗難、水漏れの被害に対する補償 ・ ・ ・ 盗難・水漏れ
4: その他の偶発的な破損事故の補償
    
注意: 地震・及び地震が原因の火災、洪水の被害に対しては、別契約を
           結ばないと保険金は下りません。 
         
  1: 風による家屋の被害を風災と言いますが、この風災には、雹災(ひょうさい、ひょうが
   降ってきて家を壊したときの被害)、雪災(雪による、家屋の被害)も含まれます。
   (屋根修理は、この風災の条項を利用して行うことができます)
  2: 水、この水の被害とは、地震が原因でない高潮などの被害。 また台風、大雨等に
   よって川などが氾濫し家が浸水したりする被害が対象です。
  3: 盗難、水漏れの被害: この保険条項は、オプションになっていることが多いのですが。
   家の中の高額商品などが、盗まれた被害、水漏れは、上下水道設備の不具合、故障、
   事故などの補償です。  屋根葺き替えの場合も保険金が支払われます。
 

具体的な風災事故

   ・台風で瓦が飛ばされた、大型の低気圧が来て暴風雨が起きトタンの一部が剥がれ
  落ちた。
 ・竜巻でスレート屋根の半分が飛ばされた。
 ・突風で店の看板が剥がれて飛んで自宅のガルバリウム鋼板の屋根にあたり破損。
 しかしこの場合お店側には、自然災害ということで、賠償責任はないので、自前の風災
 保険で修理。
 ・強風で瓦が20枚ほどずれた、雨漏りの心配があるがこれも風災で瓦調整可能
 ・車が疾風でよろけ、家の外壁に衝突、これも風災の認定がされれば補償金が下りる。
 ・隣りの屋根の雪が大量にカーポートに落ちてきて破損・・・雪害(風災)
 ・雪の重みでトタンの屋根に穴が空いてしまった・・・雪害(風災)
 ・直径5cmほどの雹が降ってきて屋根を破損・・・ 雹災(風災)
などなど、雪、雹、風による被害一般は、風災として申請できます。

風災とは?
  殆どの火災保険では、火災の被害以外にも、条件はあるものの、風の被害、大雨の被害、水の被害、盗難に対して被害の補償をしてくれくれます。 その中で屋根に関する被害を補償してくれるのが、風災条項です。 風災とは、具体的に;
     ・ 強風での屋根の破損
     ・ 竜巻による屋根の破損
     ・ 台風、暴風雨による屋根の破損
     ・ 突風、疾風による屋根の破損
 これらの強風が直接屋根を破損させる場合は、もちろんですが、強風で物が飛ばされて、
 屋根にあたり、その為に屋根、防水シートが破れ雨漏りになった場合も補償の範囲です。 
 瓦がめくれた。 瓦がずれた、止め釘が外れてスレートが数枚飛ばされた、トタンが強風で
 飛ばされた、雨どいが、下から風に煽られて屋根の一辺分全部はずれた。 などなど。
 
 風で受けた屋根の被害は全て補償の範囲です。 この状況を写真に撮り、被害の日時
場所住所を報告書にまとめて、保険会社に提出すれば、保険金がおります。 この保険申請ですが一番問題なのは、2階の屋根だと、写真を撮ると言っても、そう簡単ではないことが多いです。 危険ですので、自分で2階の屋根に登るのはやめたほうがいいと思います。 ここは屋根屋か、それに慣れた人に依頼した方が無難です。 (われわれは、屋根調査として破損箇所の写真をとり、被災報告書を作る仕事をしています)
 

火災保険の補償金が下りる風災とは?

   火災保険での補償とは? 補償金がおりない場合など、火災保険の約款に
 こう記されています。
   1: 「台風、旋風、暴風、暴風雨などの風災によって保険の対象について生じた損害を風
災といいます。 ただし、建物内部については、建物またはその開口部が風災によって直接
破損したために生じた損害に限ります」
   2: 次の場合については、保険金をお支払しません
   「保険の対象に次の事由に起因して、その事由が生じた部分に発生した損害
           Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved